ブログ

何でもアリの『バリー・シール』と『京都』

 

1ヶ月先に挑戦する「神戸マラソン」に向け

ランニングシューズを新調しました。

 

 

 

そして、シューズの買い物のついでに

トム・クルーズ主演の

『バリー・シール/アメリカをはめた男』を

観てきました。

 

 

 

トム・クルーズが頭キレキレでカッコよく、

反社会的で正義と悪(光と影)が混ざり合った

“何でもアリ”の映画でした。

(映画的には面白かったです)

 

ところで、最近は仕事で京都の方に行くことが

ちょくちょくあるのですが、

京都中心部も”何でもアリ”の状況になっている・・・

と感じてます。

 

ご存知のとおり、今は空前の京都ブームです。

 

京都市の観光客数は一昨年5,684万人を記録し、

宿泊者数は過去最高の1,415万人だったそうです。

 

先月発表された基準地価でも

伏見稲荷大社付近の基準地の地価上昇率が

インバウンド(訪日外国人旅行者)の影響で

全国一の年30%近くになりました。

 

街中では男女問わず、中国製のレンタル着物を

身にまとい、食べ物をかじりながら闊歩してます。

 

お店の方も、他府県の外部資本が演出したと思われる

多くの菓子屋や飲食店が目につきます。

 

今は河原町や祇園といった中心部だけの現象ですが

京都全体が京風イメージに便乗した

“フィクションの街”にならないか、

全国どこにでもあるような都市にならないか、

少し心配してます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です