新年早々ブッチされました

バタバタしていた昨年末ギリギリに

鑑定評価のご依頼の電話連絡がありました。

 

 

「自宅を評価して欲しい」

という内容です。

なぜ鑑定が必要なのか?

という依頼の事情は伏せます。

 

 

私自身は

すぐにでもお会いしたかったのですが

先方さんがおっしゃるには

『年の暮れは何かと忙しいから

年明け早々の4日の昼13時に

現地(先方のご自宅)で

お会いしましょう』

ということ・・・

 

 

実は、一昨年も同じように

年末にお仕事のご連絡があり、

2018年の年明け早々に

鑑定評価書を発行ということがありました。

つまり、お正月の期間に

鑑定評価作業を実施ということ

まさにアクセル全開の年始でした。

 

 

昨年はそのままイイ感じで

お仕事に恵まれた充実した一年でした。

 

そして、冒頭に書いたように

一年後にまた同じような展開が・・・

 

今年のお正月も

作業準備でバタバタでしたが、

昨年のこともあるので

嬉しい忙しさです♪

 

 

でも、

「どんでん返し」

が待ってました。

 

 

先方のご自宅を訪問しても

出てこないのです。

 

 

チャイムを押しても

玄関をノックしても

そして、

「○○さ~ん」と呼びかけても

全く無反応状態です。

 

日にちを間違えたか・・・

時間を間違えたか・・・

 

 

電話連絡しようにも

連絡先を確認するのを失念してました。

まさに「一年生のミス」です

 

どうすることもできず

20分ほどチャイムを押し直したり

玄関をノックしたりして

待ちましたが結局は会えず・・・

 

 

ブッチされた、ということでしょうね

ブッチされた=ドタキャンされた

 

仕方なく、玄関ドアの隙間に

名刺と一緒に簡単なメモを挟んで

引き上げることに・・・

 

それから2日経ちましたが

先方さんからは

電話もメールもありません。

 

おそらく正月の間に

鑑定評価をとる必要が無い

と考えたのでしょうが

せめて連絡して欲しかったなぁ~

 

このように

2019年の初めは

なかなか経験することもない

出来事ではじまりました。

 

 

『雨が降り続けることはない』

『悪いことばかりでない』

『なかなかできない経験ができた』

 

そう思って気分を切り替えるまでです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です