未分類

連合会に物申したいこと

不動産鑑定士の「組合」的な

位置付けにあるのが

「日本不動産鑑定士協会連合会」

この連合会が

地価公示制度50周年記念事業として

いろいろと企画してます。

企画内容はコチラをクリック>>

さて、この企画の中で

地価公示制度を紹介する動画

8分34秒の長さなので

とりあえず視聴してみました。

動画「あなたの役に立ちたい~地価公示~」

歴史から制度、作業内容が

コンパクトに、そして

「綺麗な部分だけ」をまとめてます。

「綺麗な部分だけ」って?

動画をみる限り、

地価公示に携わってる不動産鑑定士は皆

優秀で真面目な有資格者に思えます。

でも、実際はポンコツ鑑定士もいます。

例えば、地価公示の鑑定評価書は

ネットで閲覧できます。

(個人情報部分は消されてますが・・・)

地価公示の鑑定評価書の公開先はコチラをクリック>>

閲覧したい都道府県をクリックして

閲覧したい市区町村をクリックして

検索ボタンをクリックすると

各地価公示地点の一覧が表示されます。

その一覧の右上にある「詳細を開く↓」を

クリックして、一番下にある

「鑑定評価書」の「詳細表示」を

クリックして閲覧できます。

村本がカチン!ときてるのは、未だに

「収益価格は想定要素が多いから規範性に欠ける・・・」

という文句を言っている鑑定士がいることです。

 ↑

自身で各想定しておきながら

想定要素が多いから規範性に欠けるって

自己矛盾ということに気付かないのか??

 ↑

ほかにもカチンときてることはありますが・・・

そんな文言は、

収益価格を試算する鑑定評価手法(収益還元法)が

試算項目や試算データも含めて、

確立してなかった「昭和」の時代に

通用してた文言です。

 ↑

まさに「思考停止」状態です!

もう「平成」も終わり

「令和」の時代になるのに・・・

そのポンコツのほとんどは

ハッキリ言って

細かなデータなどみずに

感覚で値付けしてます・・・

そのデタラメな値が

固定資産税や相続税に

影響しているかもしれないのです・・・

連合会(不動産鑑定士の組合)も

自らの権威を高めたいなら

ポンコツ鑑定士を排除する手立てを考え、

そして、それを実施して欲しいものです。

 ↑

不動産鑑定評価の知識がある人に

地価公示の会議にオブザーバーとして

参加することを義務化するとか・・・

 ↑

どんだけポンコツがひどいか

わかって欲しい・・・

現在、不動産鑑定士という資格は

取得すれば永久資格です。

弁護士などと同様、更新制度はありません。

だからポンコツ鑑定士が存在し続けるんです。

世間様に理解してもらうために

親しみさをもった動画の作成もいいけど

真面目にやってる鑑定士が

バカをみない制度も考えて欲しいモノです。

連合会には。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です