Blog/2013-12-02

投稿日: カテゴリー: 未分類
Top / Blog / 2013-12-02

己自身 見つめ直す 草むしり

いよいよ平成25年最後の月に突入しました。

地価公示を担当している不動産鑑定士は作業が山場に差し掛かる月です。
ここで風邪でもひいて、寝込んでしまったら、どエライことになってしまいます。

加えて、今冬は税務当局からの依頼である相続税路線価に関する業務と、各市町村からの依頼である、3年に一度の固定資産税に関する業務が重なっているため、おおかたの不動産鑑定士は、ピリピリ&バタバタとしてしまう数ヶ月に突入です・・・・

そうはいっても、やはり一年を締めくくる節目の月であるわけですので、”小出し”に年末の大掃除をしよう、ということで、自宅の2階の窓掃除と玄関先の草むしりから始めることにしました。

実は、業界で役員(実態は業界会員に対するお世話役)をやっており、個人情報の問題や業界自体の恥部に関わることもあるので、詳しくはお話し出来ませんが、このことで、最近は特にいろいろと追い詰められることが多く、気持ちが凹むことも多々あったものの、

この「窓掃除」と「草むしり」という単調な作業は、「写経」と同じような状態に陥らせる効果があり、作業中は、客観的に自分自身をながめて、あわてふためく必要などない、と思い返すことができ、結果として、こんがらがっている問題を整理できた良い時間となりました。

煮詰まっているときは「草むしり」がお勧めです♪



コメント










認証コード(3017)