ブログ

虐暑の東京出張

平成最後の夏はまさに酷暑

そんな酷暑の中、東京所在物件の評価のため、上京しました。

 

朝一番の新神戸発の新幹線です。

(何度乗っても、新幹線に乗る前はなぜかドキドキします・・・)

 

9時前に品川に到着後、午前中に役所調査やら資料収集やらを済ませ、昼過ぎに物件所在の「原宿」へ

移動での電車(地下鉄)や役所内は空調が効いて過ごしやすかったのですが、外に出ると酷暑というより「虐暑」

太陽の照り返しがこんなにキツいとは!というのが率直な感想でした。

 

ドボドボという音を立てるように汗が湧き出てきます。

当日の夜には、以前の勤め先の元同期のメンバーと会食する予定が入ってました。

なので、美味しいビールを更に美味しく飲むために水分を控えていました。

でも、あまりの汗の量に「倒れたらシャレにならん」と大きめのペットボトルのお茶を購入・・・

 

 

物件調査後、原宿に来ているのだから「表参道」と「竹下通り」は見ておかねば、と地図を片手に向かいました。

さすが日本有数の繁華性を誇る「表参道」と「竹下通り」です。

虐暑にもかかわらず、人、ひと、ヒト・・・

「記念に写真でも・・・」とも思ったのですが、とても他人様の顔が映らないように写真を撮影するなんて無理でした。

 

時々、人がウジャウジャいる大阪にも行っているので、人の多さにある程度は慣れているつもりでした。

でも、両通りとも予想以上の人の多さでしたし、特に「竹下通り」は夏休みの時期もあってか、”異次元”の人の多さでした(若い女の子と外国人観光客ばかり)。

暑さのせいもあったのか、久々に人の多さに酔いました(→田舎モン丸出しですね・・・)。

 

数年ぶりに再会した元同期との会食では酔談が進み、いろんな意味で刺激も受けました(みんな頑張っているなぁ)。

虐暑もまた良い思い出でしたし、本当に充実した東京出張でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です