ブログ

老化のはじまりは?

以前も紹介しましたが、

私が好んで視聴している

NHK『チコちゃんに叱られる』

 

先日のテーマでなるほど!と思ったのは

「どうしておじさんはオヤジギャグを言う?」

確かにダジャレを言ってしまうことがしばしば・・・

 

私が「心の中で」のものや「独り言で」のものも含めて

よく言ってしまうのは、

  • そんなダジャレ、止めなシャレ~
  • 「トイレに行きたい」「はよ行っトイレ~」
  • コーディネートはこーでねいとっ!
  • 布団が吹っ飛んだ~
  • ハマチはハウマッチ?
  • 「今何時?」「村本健次」
  • 鶏肉はチキンと食べや!
  • 朝食がなくて超ショック!
  • 「お金が欲しいなぁ~」「まぁーね!」
  • 「家を買ったの?」「いぇーい!」

・・・・とりあえず、このくらいにしときます(笑

 

そして、チコちゃん曰く、

おじさんがオヤジギャグを言うのは

「脳の老化」が原因とのこと

 

 

つまり、私の理解した内容ですが、

小学生くらいの子供がダジャレをよく言うのは

語彙が増えていく過程で脳が言葉と言葉の間に

関係性を見出すと嬉しくなるから・・・

 

しかし、成人になるにつれ、

思いついた関係性をむやみに言うのを

理性が止め(恥ずかしいから)、

ダジャレを言わなくなる・・・

 

 

その後、中年になるにつれ、

理性を司る前頭葉という脳の部分が

老化することで思わずオヤジギャグを言ってしまう・・・

というのです。

 

 

一人、チコちゃんでの解説を視聴しながら

なるほど~と思ってしましました。

 

 

さて、老化を意識しはじめるのは

体力の衰えを感じてから・・・

とは限りません。

 

意外にも老化は

「感情」からはじまることも・・・

 

 

感情は、理性と同様に、

前頭葉という脳の部分で司られてます。

 

そこが衰えると

自発性や意欲、創造性が失われていきます。

 

 

この感情の老化を防ぐ方法としては

「誰かと話すこと」だそうです。

 

年齢を重ねると

仕事関係の人と仕事の話しかしない・・・

 

近所の知り合いとも疎遠になって

孤立しがち・・・

 

女性はそれほどでもなくとも

年齢と重ねると

無口になる傾向にあるそうで、

たしかに自覚があります。

 

 

ある程度の年齢になったら

意識的に人とおしゃべりを楽しんで

喜怒哀楽をともにすること。

 

そうすれば、感情や脳も活性化して

いつまでも活き活きと過ごせるそうです。

 

う~ん、

おしゃべりすると、オヤジギャグが出てしまって

ますます理性が衰えることにならないか・・・

そして、娘の視線がますます冷たくならないか・・・

 

そんな心配をしてしまいます(泣

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です