ブログ

第7回神戸マラソンを完走!気になるタイムは・・・

40歳代最後の昨日(11月19日)、「第7回神戸マラソン」に出場しました。

 

何度となく抽選で外れてましたが、今回ようやく当選しました。

普段は朝から距離にして3キロほどのジョギングは続けてました。

そして今回の大会に当選してからは、「目標タイム=4時間59分(時速8.5km/hをキープ)」を目指し、距離を少しずつ伸ばして準備を整えてきました。

 

フルマラソンは20歳代の前半に経験があります。

ホノルルマラソンに出場し、その時はフル3時間55分台でした。

さすがに体重が当時から20キロ以上も増えたメタボ体型になりましたから、このタイムは難しいでしょう・・・

 

さて、当日は前日の雨がやんだものの、気温は低く肌寒い日でした。

午前7時半に家を出て、バスでスタート会場へ。

大勢のランナーと共にはやる気持ちを抑えながらスタート地点で号砲を待ちます。

 

神戸マラソンのスタートは、スタート時の混雑を避けるため、複数グループ(ウェーブ)に分けてスタートさせます。

私のスタート時間は9時15分。

スターターは赤いジャケットを着た久元神戸市長。

先月、市長と面談する機会があり、目が合えばアイコンタクトで挨拶しようと思いましたが、結局これは叶わず・・・

 

当時間にスタートの号砲が鳴り、いよいよ42.195kmの挑戦が始まりました。

実際にスタートラインを超えたのが9時21分過ぎ。

 

地元ですから地の利はありますが、焦らず5kmまでは身体をほぐすことに気をつけてました。

でも、実際は朝も早い時間なのに途切れない沿道の応援の多さに驚き、興奮してしまいました。

格好つけようと(←誰に対して?というわけでなく)ペースがつい早くなってしまいます。

案外20歳代と同じくらいのタイムが出るんじゃないの♪

なんて調子に乗り、最初から完全なオーバーペースとなりました。

(これが最大の後悔になりました)

 

須磨の水族館を過ぎた10kmあたりからは海沿いの国道2号をひたすら走ります。

暖かい陽差しの下、それほど冷たく感じない海風に気持ちよくラン。

 

ハーフの時間は手元時間で2時間26分

自分としては前半で時間を稼ごうと結構ハイペースで走ったのですが微妙なタイムです。

 

そして30km手前くらいから膝も痛み出してきました。

そして「何でフルマラソンに出場したんやろ・・・」なんて、かなりブルーな気持ちに・・・

 

足が前に出ず、「もう歩こうかな」と気持ちも折れかかったときです。

 

「村本コーチ!頑張って!!」

 

息子の少年野球の時にお世話になったお母さん(三●ママ)が応援に来てらっしゃいました。

後から聞いたところ、出場してる職場の方の応援に来てらしたそうです。

ランナーの中にヘロヘロの村本を見かけてお声掛け頂きました。

思わず「歩いてカッコ悪いところを見られんでよかった」などと思っちゃいました。

 

それからは誰が見てるかわからないので、遅いペースですが歩かずランはしようと頑張りました。

それから頭の中では、映画『ロッキー』のテーマ曲がずっとリピート状態です。

(そういった意味では「応援」の力って大したもんです)

 

ゴール直前の40km手前での神戸大橋は、まさに心臓破りの上り坂

直接当たる海風に体がふらつきます。

ここではランナーが最後の力を振り絞れるよう、若くてべっぴんさんのスタッフを配置するそうです。

でも、そんなべっぴんさんの黄色い声援でも、当然ですが膝の痛みは回復しませんし、気力も萎えたまま・・・

次々と他のランナーに追い抜かれていきます。

 

そして、フィニッシュは手元時間で5時間9分22秒。

ドラマ『陸王』の竹内涼真のように格好良く・・・でなく、根性のないタイムです。

 

地元神戸を走ることができたこと、そして完走できたことに感謝します。

 

でも、根性のないタイムに、目標タイムを切れなかったことにプライドが許しません。

次回も参加してまずは5時間切りしてやる!という目標を立てました。

 

 

 

第7回神戸マラソンを完走!気になるタイムは・・・” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です