ブログ

秋の夜長にオススメの小説!

すっかり朝晩が過ごしくなり、「読書の秋」の時期になりました。

村本は「活字中毒」でして、毎晩寝る前に30分ほど本に向き合ってます。

ジャンルは特にこだわりないです。

 

仕事関係のモノから、推理モノ、自己啓発モノ、歴史モノ、映画やドラマの原作モノ・・・

 

最近も中学生の娘から今春にTBS系ドラマの原作本を借りて読みました。

 

娘から借りた本のタイトルは『リバース』(湊かなえ)です。

(その代わりといっては何ですが、娘には『アキラとあきら』を貸しました)

 

 

私自身はそのドラマを全く観ていなかったのですが、娘は欠かさず観てました。

そして、ドラマの展開があまりに面白く、自ら原作本も購入して数日で読破したようです。

 

読むモノがなかった私は、その原作本を借りて読んでみました。

 

最初は一週間ほど時間をかけてジックリと読むつもりでした。

 

でも、2晩で読み切りました。

というか、読み止めるのができなかったです。

 

最初は登場人物を頭の中で整理するのに少々てこづったのですが、

途中からの過去に”リバース”しながらの展開に

「あと1ページだけ・・・」と、なかなか本が閉じられませんでした。

そして、ラストでは息が止まるというか、衝撃を受けました!

 

読み終わった後も、

「(深瀬という)主人公はこの後どうやって生きていくんだろう?」

「続きはないの?続編は?」

なんていう思いが頭を巡り、なかなか寝つけられませんでした。

 

秋の夜長を読書で過ごしたい方、『リバース』をオススメします。

リバース (講談社文庫)

新品価格
¥691から
(2017/9/2 15:51時点)


ちなみに、「アキラとあきら」もオススメです。

かなり濃密で骨太の内容ですし、ボリュームもあります。

アキラとあきら (徳間文庫)

新品価格
¥1,080から
(2017/9/2 15:59時点)


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です