ブログ

地味な努力

夏の甲子園が終わって何日か過ぎましたが

未だに秋田の金足農業フィーバーですね。

 

春夏2連覇を達成した大阪桐蔭より

雑草軍団で戦った金足農業に

連日テレビやネットでは盛り上がってます。

 

終わってから言うのも何ですが、

甲子園が始まった頃、

私は一部の同業者に言ってました。

 

「金足農業が勝ち上がってくるかも・・・」

 

 

金足農業は県立の農業高校なので

選手全員が秋田県出身という点が

好印象だったのもあります。

 

ただ、それ以上にピンときたのが

1回戦の鹿児島実業戦からスクイズで

得点を決めてきたというところでした。

 

押せ押せじゃなく、

非常に地味な野球をみせたことに

なぜか惹かれるモノがありました。

 

塁に出たら確実に送る。

3バントでも確実に送る。

そしてスクイズ。

 

そうやって横浜や大垣日大といった

優勝候補を破ってきました。

 

やはりシビれたのは近江との準々決勝。

2-1のビハインドで迎えた9回裏。

絶対絶命ですがノーアウト満塁。

 

ここで監督が出した指示は

またもやスクイズ!

 

しかもその絶妙なスクイズで

サードランナーが同点ホームイン。

 

さらに、打者を1塁でアウトにしようと

1塁にボールを投げた瞬間、

なんと2塁手までもがホームにすべりこむ。

 

セーフ!!

 

何とスクイズで同点に追いつくどころか

逆点してしまいました。

 

長打に匹敵するスクイズです。

 

これには全国の高校野球ファンの

度肝を抜いたはず。

 

「んなアホな!」と・・・

 

 

ここぞ、という時に確実にバントで送る

スクイズで得点することができる

 

その実力を普段から鍛えておくことが

とても重要なんですね。

 

つまり、非常に地味な練習を

どこまで繰り返せるかです。

 

地味なことばかりの仕事も一緒ですね。

 

「地味な努力をどこまで続けられるか」

で、その後のパフォーマンス、

そして人生に圧倒的な影響を与えます。

 

そう自分自身に言い聞かせて

今週も地味な努力を続けていきます。

 

これを読んで頂いてるアナタも

やるべき事をコツコツと頑張っていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です