未分類

世の中の大事なものは変わらない

桜の季節になると、

人はそれぞれ

何かしかの変化を迎えます。

入学式だったり

卒業式だったり

転勤だったり

転職・退職だったり・・・・

実際に神戸三宮の街中でも

着慣れていないスーツ姿の

新入社員らしき人や

新入学生らしき人を

見かけます。

希望にあふれた

表情の人、人、人です。

若いってイイナ~と

ふと思っちゃいます。

ただ、この変化についていけず

不安や息苦しさを感じる人が

いるかもしれません。

振り返れば、私自身も

春というのは

慣れた環境が変わるので

そのたびにポッカリ穴が開いた

感があったときもありました。

でも、そのたびに

心の穴を埋めてくれたのは

青空を淡い色に染めてくれる

満開の桜だったと思います。

桜は私たちの不安なんかに

全くお構いナシ

ただただ毎年

世の中に彩りを与えてくれます

今年咲いていた桜は

来年も同じように

花を咲かせるでしょう。

変わったと思うのは

自身の身の回りの

ほんの一部だけ

世の中の大切な部分は

何も変わってないと

桜は教えてくれてるのかも・・・

桜を見上げると

ホッとした表情になるのは

そこに変わらないものを

見つけたからかも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です