ブログ

ヤル気を出す方法

ファーストチェス理論ってご存知ですか?


ファーストチェスというのは、チェスを競技する際に5秒以内に打つというルールのことです。

そして、ファーストチェス理論は、「5秒で考えた手」と「30分かけて考えた手」は、実際のところ86%が同じ手だそうです。

だから、直感でそう思ったことは後でどれだけ考えても基本的には同じということ

 

あの孫正義もこのファーストチェス理論を実践しているそうです。

アリババ創業者のジャック・マー氏とたった6分面談しただけで、2000万ドルという巨額の出資を行ったのは有名な話です。

(その後アリババは成功を収め、そのリターンは2000倍に及びました!)

 

「これって面倒だからもう少し後で取りかかろう・・・」

「もう少し練ってから・・・」

「何時になったら取りかかろう・・・」

と、苦手なことに取りかかる時に思い浮かべませんか?

正直、私はこうなりがちです・・・汗

 

でも、最初の5秒を行動すると、後は案外スムーズに事が動きます。

ヤル気が出ないから、どうも行動に移せない・・・

と思ってしまうけど、実は行動するとヤル気が出てくるものです!

 

人間の脳って「変化」を嫌うそうで、

ルーティーン化した事を繰り返しがちになるそうです。

確かに現状を変えず、同じ事を繰り返すのはラクです。

 

でも、時間(人生・一生)は無限じゃありません。

限りあるものです。

 

直感でやりたいと思っていた事をやりたくなるまで待っていても、実行の日は決してやってきません。

いつか来るベストなタイミングなんてモノもありません。

 

さぁ!

新しい週がはじまりました!

 

スポーツでもビジネスでも何でもそうでしょうが、「入り」は重要です。

1時間、1日、1週間、1ヶ月、1年・・・

時間の区切りの中で、1週間というのは「入り」が認識されてません。

だから、間違えると、惰性の1週間になるかもしれません。

そういう意味で週の「入り」は重要です。

 

1年のうち週の「入り」は52回

その52回の積み重ねが1年

 

「まぁいいか~」を52回積み重ねると、1年後の結果はどうなるんでしょう?

恐ろしくて想像したくありません・・・

 

今週、そして今日あなたがやるべき事・やりたい事って何ですか?

2ヶ月前の年始にあなたがやろうと決めてたことって何ですか?

(今年もあと10ヶ月を切りましたよ!)

 

終わらない仕事や大きい仕事から取りかからないといけない場合もあります。

でも、メールの返信やちょっとした書類作成で「リズム」をつくってみるのも妙案です。

早い段階で「完了」「完成」という結果を出すことでリズムは生まれます。

 

まずは行動!

それが今日の結びです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です